The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
自分探しのボランティア
2006-06-10 Sat 22:40
こんばんは。

今日は午前中はボランティアのミーティングに、
午後から子育て関連のセミナーに、夕方に少しよさこいソーラン祭りを見て、
夜に大学へ行って勉強…という一日でしたー(;´ρ`)
さすがに疲れました。


さて、僕が行っているボランティアは、ホスピス。
大学3年生の頃から通っています。

どうしてボランティアを始めたのか…。
最初の動機は、様々な経験をすることで、
自分を経験を深めたかったから…。
今考えると、何て自分勝手な動機なのだろう…
そう思います。

大学時代には僕の指導教員に、
「どうしてボランティアをしているのか?」
「なぜホスピスなのか?」と問われたときに、
理由を答えられず、怒られたこともあります。


今その頃の自分を振り返って思うのは、
その頃の僕は、自分自身を模索していた時期であったということ。
僕はボランティアを通して自分探しをしていたのでしょう。
自分自身が対人援助の仕事に向いているのか…
これは自分自身にとって大きな疑問でした。

そんな僕が取った行動は、ボランティア活動に参加すること。
今思うと、そんな自分は患者さんの気持ちを無視した勝手な奴だと思うし、
患者さんに対しては、本当に申し訳なく思います。


最初の動機はヒドイもの。
指導教員の先生に怒られるのも当然かも…。

だけれど、ボランティアに行くにつれて、様々なことに気づかされました。

多くの患者さんとの出会いがあり、そして別れがあり…。
今僕は、本当に患者さんの人生の大切な時間を分けていただいていると感じます。
そして様々な生き方を教えてもらっています。


死を前にした人と向き合うボランティア。
僕のような若造に何が出来るのだろう、いつも悩みはつきません。

今僕はホスピスのボランティアをやってきて、本当に良かったと感じています。
ボランティア仲間との出会いも含めて、ボランティアが僕を成長させてくれたのだ、
今の僕は自信を持って、そう言えそうな気がします。
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:28 | トラックバック:0
<<ときどき足を運ぶあの場所! | 人生をマニアックに生きたい!! | 新緑の季節…日々のちょっとした感動…>>
この記事のコメント
新たな挑戦
ボランティアをされていたんですね。
始めた動機が後から分かっていても良いんじゃないでしょうか。
決して恥ずべきことではないと思います。

ホスピスという得意な環境の中で自分を保つのってすごく難しいような気もします。
しかしこれからのけんぼーさんにとってきっと必要なことじゃないかな、と思います。

自分と目標・夢を見失わずに進んで行ってくださいね。
2006-06-10 Sat 22:55 | URL | 子と共に育つ親・・・のたわごと #-[ 内容変更]
お久しぶりです。ごきげんよう、わたくしです。
わたくしもボランティアを数え上げればきりがないほど経験してきましたの。
人のためとかいう偽善的な動機(表現が悪くて御免あそばせ)ではなくて、わたくしの場合は「楽しいから」「新鮮だから」
そして、何もしないでいるよりはさまざまな場所で多くのことを経験したかったから。
動機なんて、あいまいでも良いとわたくし思いますの。
行動と結果がすべてであり、それがボランティア先で相手に対するものになるのだから。

わたくしのボランティア経験は自分探しにもつながったように思います。
けんぼー様も心行くまで模索遊ばせ!
2006-06-10 Sat 23:39 | URL | ojousama #-[ 内容変更]
けんぼーさんこんばんは。

きっかけなんてそんなもんですよ、ボランティアを通して
色々見出しているけんぼーさんは立派です☆
年なんか関係ないと思いますよ。若造上等です(笑)

ホスピスのボランティア…どんなことをするのでしょうか?
ホスピスケアはすばらしい理念だと思います。
人間らしく生きるための生の尊重・死への尊厳
人生は長さなのではなく質なんだと思います。

きっと将来すばらしい臨床心理士さんになるよ☆

よさこいなんですね、見たいなー血が踊る(爆)


2006-06-10 Sat 23:51 | URL | こぱん #-[ 内容変更]
いいことしてるんだね^^ 尊敬です!
「花のように鳥のように」に書いた社長さんとこ・・Tさんの奥さんを誘って昨日、行って来ましたが従業員の女性ばかりで社長はお店には姿がなく携帯にこそっと電話かけてみましたが出ませんでした。体の調子が悪く休んでいるのかも折り返しの電話もなく気になっています。
2006-06-11 Sun 11:28 | URL | モモ #-[ 内容変更]
ボランティア
私は恥ずかしながら、ボランティアの経験はありません。
ホスピスでのボランティア、結果的に良い経験になったと思われるのであれば、動機はどうであれ、けんぼーさんにとってプラスになったと思います。
私が住んでいる市にはホスピスは1つしかありません。しかも順番待ち状態です。自分の死と向き合って生きる所?と言っては語弊がありますが、やはり安らかに逝ける場所が必要だと思います。
2006-06-11 Sun 13:40 | URL | グッピーちゃん #-[ 内容変更]
死に直面したことあっても・・・・。わからんかもしれん。
実際、死に掛けたこと何回もあったけど、悩むよ。
自分の事と他人のことは違うもんね。
自分のことより自分以外の死に直面してる人見るほうがつらい。。。。
2006-06-11 Sun 18:43 | URL | SAKIKO #-[ 内容変更]
徐々に・・・。
 こんばんは☆ねこみみです♪

 初めから動悸や目標がはっきりしてる人のほうが珍しいから、そんなに気にすることはないと思うよ。
 
 誰だって、何事も慣れないことだらけだし、途中で目標が変わってしまう人なんてたくさんいるでしょ?だから、けんちゃんが何を目指そうと、徐々に自分の能力と必要とされている能力や場所を見極めていけばいいんじゃないかな?

 いくら自分がしてみたいという仕事でも、相手から要らないといわれればそれまでだから・・・。
 ねこでした。ニャン☆
2006-06-11 Sun 22:45 | URL | ねこみみ #-[ 内容変更]
しまさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。

やはり最初は、患者さんの言葉になんて返したら良いかわからなかったり、
悩みました。
でも待っていてくれる人、頼ってくれる人がいるから続いているような気がします。
本当に良い体験をさせていただいています。
2006-06-12 Mon 09:14 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
ojousamaへ
おはようございます。お久しぶりです。

ojousamaもたくさんボランティアをされていましたね。
忙しいのに、時間を作って一生懸命やっているなぁ…と思っていました。
行動と結果がすべて…本当にそう思います。
僕はまだまだこれからの人間です。もうしばらく模索を続けたいと思っています。
2006-06-12 Mon 09:20 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
こぱんさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます

病院では、患者さんの病室に出向いてお話をしたり、
日常に近い空間を作れるように、イベントを企画したりしていますよ。
ホスピスの理念って本当に素晴らしいと思います。
なかなか答えの出ないことですが、人生について考えさせられます。
2006-06-12 Mon 09:27 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
バツイチさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。
尊敬だなんて、僕に不似合いな言葉です。

Tさん…お会いしにいったのに、おられなかったんですね。
退院した後のこと、元気にしているのか気になりますね。
今度こそ会えるでしょうか。また元気な様子が見られるといいですね。
2006-06-12 Mon 09:33 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
おひさしぶりです。
奉仕はいいですね。
大切な何かをきずかせてくれます。
ドジも考えさせられました。。
ありがたいです。。。
2006-06-12 Mon 09:40 | URL | ドジのろまの独り言 #-[ 内容変更]
グッピーちゃん さんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。

グッピーちゃんさんには、僕も賛成です。
ホスピスは慢性的に不足していますし、入院料もかなり高額と聞いています。
最期の時間を、病院という閉鎖的な場ではなく、
患者さんの日常に近いところで過ごせるような環境があって欲しいと思います。
2006-06-12 Mon 09:42 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
SAKIKOさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。

患者さんも勿論ですが、ご家族の方はかなり辛いと思います。
体力的にも精神的にも。
そうなんですよね…自分のことと他人のことは違う。
偽善なんじゃないかとも思ったこともあります。
でも患者さんの言葉に、やっていて良かったと思うこともしばしば。
患者さんの人生にささやかな貢献ができれば、と最近は思っています。
2006-06-12 Mon 09:48 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
ねこみみさんへ
おはようございます。コメントありがとう!

そうだよね、相手あってのボランティアだね。
必要とされていると考えれば、僕にも出来ることがあるのだと、
少し安心します。
でも実際自分に何が出来るのか…これは大きな問題です。
自分の無力感を感じることもしばしば。
少しずつ自分に出来ること、役割を見出していけたらいいなと思うよ。
2006-06-12 Mon 09:52 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
さんぱちさんへ
おはようございます。コメントありがとうございます。

そうですね。大切なことを気づかせてもらっています。
患者さんに何か出来れば…と思っていましたが、
結果的に患者さんに様々なことを教えてもらっています。
本当に出会いに感謝です。
2006-06-12 Mon 09:55 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
他人丼はおいしいですよ。味付けはすき焼き丼風です^^
2006-06-12 Mon 11:56 | URL | バツイチ女のひとり言 #-[ 内容変更]
お久しぶりです。
ボランティアされているのですね。
主人の職場が福祉系なので家の話題でも
一生懸命な人もいれば、
就職目当てに媚びるようなボランティアも
いるという話になったりします。
けんぼーさんのように、真剣に取り組んでいらっしゃる学生さんが
いるということがわかって なんだかとても嬉しいです。
“人に何かをしてあげている”と思うのは大間違いで
本当は逆に与えられていたりするんですよね。
2006-06-12 Mon 18:20 | URL | のんき♪ #yiOEXdsQ[ 内容変更]
ホスピスは経験がないので、どのような状況にあるのか分かりません。人生の本当の終わりを迎える方と接することは気持ちの上でもかなりの覚悟がいりそうです。このボランティアの経験を経てふた回りほど視野が広がったのではないでしょうか。
2006-06-13 Tue 00:04 | URL | タジイ #-[ 内容変更]
バツイチさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

他人丼美味しそうー!!
僕も暇になったら作ってみますー!
レシピ研究しなきゃ!

料理したいなぁ…。
2006-06-14 Wed 00:51 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
のんき♪ さん
こんばんは。コメントありがとうございます。

ご主人が福祉職の方なんですね。
大学時代に、就職したいからという理由で、
福祉施設にボランティアに行っているような子もいました。
僕も含めてボランティア先の学生さんたちは、
そういう人はいないように思います。

患者さんには、本当に日々色々なことを考えさせられ、教えてもらっています。
2006-06-14 Wed 00:55 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
タジイさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

若い僕(そういう言い訳をしてよいのかわかりませんが…)
は、まだまだ未熟で、悩むことばかりです。
患者さんと向き合っていても、こんな言葉を返してよかったのか、
などと悩んで、対応に自信は持てないし、なかなか答えは出ません。

でも患者さんの優しさに触れるときがあります。
悩みながらも、やっていて良かったと感じるときです。
2006-06-14 Wed 01:01 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
お久しぶりです。

ホスピスのボランティアをされていたんですね。
私も、仕事柄ターミナル期にある患者さんと過すことがあります。
私の場合は対象がお子さんなので、そこでまた色々と考えさせられることも多く、自分のあり方とか、物事に対する姿勢とか…彼らをみてこの仕事にたずさわる以前より深く考えるようになりました。

死を迎える前の貴重な時間を共に過させてもらってることに感謝の気持ちを忘れずにいたいですね。
私も過去に何人かの方の臨終の場に立ち合わせてもらいました。穏やかに死を迎える方もいれば、苦しみながらなくなっていく方もいます。
『僕のような若造に何が出来るのだろう、いつも悩みはつきません。 』という気持ち、私もそう感じることは多々あります。
臨終を迎える方を前にしたとき、自分が何も出来ない無力感などを感じ悩んだりします。しかし、どんな辛い状況の時も本当にその方に寄り添うという気持ちがあれば、気持ちは伝わっているのではないかと感じます。

すばらしいボランティアをさせてもらってるなぁと思います。
きっと、けんぼーさんが言うようにこれからも色んな事を教えてもらえると思います。
頑張ってくださいね。

2006-06-14 Wed 23:03 | URL | 花 #-[ 内容変更]
わたしもほぼ好き嫌いはありませんが好んで食べるか・・・そうでもないか・・の差はあります。わたしはカレーとラーメンがお付き合いでは食べますが自分からすすんでは食べません^^
2006-06-15 Thu 10:49 | URL | バツイチ女のひとり言 #-[ 内容変更]
死を前にした人と向き合うボランティア。私にはできないことです。尊敬します。父の介護を22年やっていて思った事は、周りの人たちの助けがどんなにありがたかったか!ってことです。なかなかできることではないですから。ましてや死がわかってたらなおさらです。考えさせられますね!
2006-06-15 Thu 12:03 | URL | 藍ちゃんのまま #-[ 内容変更]
花さんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

花さんは終末期のお子さんと接する機会があるのですね。
死を前にしたお子さんと向き合うことは、
僕の想像に堪えないくらい辛いこともあると思います。
お仕事としてなかなか割り切れないこともあるのではと思います。


>どんな辛い状況の時も本当にその方に寄り添うという気持ちが
>あれば、気持ちは伝わっているのではないかと感じます

そうですね、寄り添うことは大切だと思います。
でもなかなか僕には出来ない態度でもあると思います。
気持ちは伝わっているのか、それすら自信はありません。

僕があの時の言った言葉は良かったのか…
などと自分自身に疑問を抱くこともしばしば。
それでも、もし気持ちが伝わっていれば、
本当に嬉しいことだと思います。

本当に人生の大切な時に関わらせてもらってること、
そして良き出会いに感謝しています。
答えのないことではありますが、自分なり生命に対する考え、
患者さんとの関わりについて、これからもボランティアを続けていくなかで、
様々なことを患者さんから学び、考え、自分を模索していきたいと思っています。
2006-06-16 Fri 22:44 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
バツイチさんへ
こんばんは。
カレーとラーメンですか。
僕はカレー大好き、でもラーメンはあまり好きではないです。
ラーメンはバツイチさんと同様お付き合い程度ですね。

言われてみれば、僕もあまり好き嫌いはないですが、
程度の差で食べる、食べないは結構ありますね。

好き嫌いする人とご飯を食べに行くと、結構気を遣っちゃいます。
2006-06-16 Fri 22:47 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
藍ちゃんママさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

僕は何も尊敬に値するようなことは出来ていないのです。
ただ患者さんの傍にいて人生を聞いたり、最期の時間をが
充実したものとなるようにお手伝いさせて頂いているだけのことです。

藍ちゃんのママさんが介護を22年したということをお聞きして、
本当に立派なことだと思います。

僕の実家でも、祖父の面倒を家族でみたときに、家で介護する側の
苦労や大変さがわかったように思います。
周りの助けは本当にあり難いものですね。
2006-06-16 Fri 22:53 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 人生をマニアックに生きたい!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。