The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
恩送り
2006-10-14 Sat 01:09
お世話になった人がいます。


大学に入学した頃、心理学なんかに興味をもてなかった。
そんな自分が、人を援助し、人の役に立ちたいと思っている。
全ては、あの人に、お世話になったその恩を返していきたいと感じたから。
その人に直接返すことができなくても、あのときの自分と同じように、
困難のなかにいる人に返していけたら、今はそう思っています。


僕が高校を卒業した5年前、大学受験のために札幌で浪人しました。
初めての札幌での一人暮らし。
その時住んだ家は、3畳半の下宿でした。

壁の向こうからは、音楽を聴く爆音。
朝の目覚ましの音。携帯電話の着信音。
お笑い番組を観る隣人の笑い声。
隣人が僕の部屋の物音に耳をそばだてるときに、肌が壁にかする音。
どこかで壁を殴る音。


そんな環境ではもちろん、勉強などはかどらない。
自分の家なのに、どこにも安心感はなかった。
僕は昼間は予備校に行ってはいたものの、
家で勉強をすることができず、
平日はファストフード店で勉強をする毎日。

週末にススキノで、具合が悪くなるまで飲んで、
路上で寝ているようなことも何度となくありました。


浪人という心理的な切迫感のなかで、
僕は次第に下宿にいられなくなりました。
それは、自分からの逃避だった。
自分の弱さに他ならなかった。


家に帰るのは、夜12時頃。寝るだけのため。
部屋に帰っても、何かに怯えながら、耳栓をして寝ていた。
もはや、自分の居場所はどこにあるのか、全くわからなかった。

そんな居場所のなかった僕に、温かくしてくれた人がいる。
その方は、その時住んでいた下宿の管理人ご夫妻でした。


1階の食堂を夜遅くまで使わせてくれたり、
夜食の差し入れをしてくれたり、
時には日帰り旅行にまで連れて行ってくれました。


僕はただの一下宿人に過ぎません。
そんな心身ともに弱った僕に手を差しのべてくれたご夫婦。
本当に管理人さんご夫妻の優しさが嬉しかった。


結局僕は、受験期までその下宿にいることが出来ませんでした。
12月ごろに実家に戻り、そこで受験勉強を続けました。


今でも札幌に住んでいるご夫妻は、
「親だと思って、いつでもおいで。」
と嬉しい言葉をかけてくれます。


大学で臨床心理学を学ぶことになった僕。
僕は今までこういう人に支えられて生きてきたんだな
と改めて捉え直すことができました。
そして、そんな僕を支えてきてくれた人たちのお陰で、
今の僕があります。


これまで支えてきてくれた人たちにお返しがしたい。
その人に直接返すことが出来なくても、
これから出会うであろう人たちに何かの形でお返しができれば。
そういう思いで、僕は心理臨床家を目指しています。

今日は長々とすみません。読んでくれてありがとうございます。

2006-1014-0201.jpg

今日は自分お疲れ様会ということで、友人からいただいたワインを一人飲んでいます。
スポンサーサイト
別窓 | 内省の部屋 | コメント:14 | トラックバック:0
<<お買い物して、おうちでコーヒー一杯。 | 人生をマニアックに生きたい!! | 今季はじめての使用>>
この記事のコメント
けんぼーさんこんにちは。

デビューおめでとう♪

辛い時に誰かがあたたかく
見守っていてくれる…
心にしみますよね。

人から受けたご恩は
いつか誰かに返せればいいと思う。
そうやって気持ちや想いはつながっていくんだと思うから。

こぱんもまだまだ返せてない
ご恩が山のようにあります…
ありがたい気持ちですね。

それにしても大きなグラスですねぇ…
って、ワインのボトルが小さいのね(爆)
十勝ワインの渋い赤が好きです。
北海道のワインなら余市ワインも大好き♪
2006-10-14 Sat 11:33 | URL | こぱん #-[ 内容変更]
若い時期のひとり暮らし。。その気持ちよ~~~く分かります。
初めて下宿したときは、小さなアパート。隣の声がツツ抜けでした。。。あのときは甘えもあったと思いますが、、隣人や上の住人の音音音。。たしかに試験勉強に集中できなかった(苦笑)やるせない時期があったおかげで、フランス映画の良さもわかるようになったり(←なんかムリヤリ(笑))、人生を深く考えたり、観察力がついたり、プラスに転じることも多いと思います。ロクなものを食べていない私に下宿のおばさんは、食事作ってくれました。。お礼することを忘れた方々が多い事をあとになって気づくものですね。
2006-10-14 Sat 11:55 | URL | タジイ #-[ 内容変更]
はじめまして。
受験真っ直中のりょーと申します。

最近「言葉」という題名で「恩送り」を使ったので引き寄せられて来ました。

>自分の家なのに、どこにも安心感はなかった。
最近何度も考えていた言葉が目に映り、驚いています。
家の出来事・状態や親からの相談・愚痴が、誰かに言えることなく自分の中に蓄積されています。自分の居場所、安らかに眠れる場所が欲しいなぁ。。最近そんなことを考えて眠っています。アイマスクと耳栓と、贅沢を言うなら自分の部屋。。。

私は心理学を学びたいと思っています。幼少時代に感じていたこと、たくさんの人の支えetc...自分が得てきた経験を生かして子ども達のためになりたいと思っています。

頑張らなくちゃ。 主旨がよく分からない文章ですみません;;共感がいっぱいだったので何か書きたくて。また来ます♪
2006-10-14 Sat 12:48 | URL | りょー #CjlWd7YA[ 内容変更]
コメントありがとうございました。
偶然=必然・・・そして運命?
認めたくない哀しい現実も(死別)生きていると経験しますね。
乗り越えられる強さを持ちたいと思います。
2006-10-14 Sat 14:04 | URL | モモ #-[ 内容変更]
こんにちは
コメントありがとうございました。
私は家から出た事がないので、そういう苦労をした事がありません。でも良い出会いがあり、今のけんぼー@北国さんがあるのですから、きっと“試練”だったのかもしれませんね。
これからも頑張って下さい。
2006-10-14 Sat 16:37 | URL | グッピーちゃん #-[ 内容変更]
乾杯♪
ワイン、ハーフボトルでしょうか?
白ワインですよね?私は白の方が好きなんですが・・・美味しいですか?(笑)
あと1年以上は禁酒が続くので目で見て楽しんでおきます。

人から受けた恩って、きっと受けた方に同じようには返せないように出来ているんじゃないかと思います。
けんぼーさんが心理学を学んでから、いや、もうすでに今も誰かに何かをいているのだと思います。

一度就職が決まってからでも・・・それだけ恩を感じているご夫妻には、札幌へ報告に行ってみても良いかもしれませんね。
2006-10-15 Sun 00:28 | URL | しま #-[ 内容変更]
こぱんさんへ
こんばんは。
ありがとうございます。でも臨床家としてはまだまだ。指導もまだですし(笑)
その時のご夫婦の支えは、本当に自分にとって大きなものでした。
きっと返そうとしても返しきれないものだろうなと思います。
そうですね、いつか誰かにつながっていけばいい、今そう思います。
これは高校の同級生iMちゃんからいただいたワインです!
たしかにグラス大きすぎる。いびつさが気に入って買ったグラスです☆
2006-10-15 Sun 01:10 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
タジイさんへ
こんばんは。
タジイさんも同じような体験されたんですね。
そういう体験があって、フランス映画を理解できるようになったんですね!!
心配し優しくしてくださる下宿の方、本当に温かさを感じます。
僕もその当時、人の温かみなんてわかりませんでした。
人の温かさをあとになって、気付きました。
今の自分の原点となったのは浪人時代だと感じます。
2006-10-15 Sun 01:19 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
りょーさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
りょーさんも、今大変な時期にあるようですね。
僕の書いた日記が、りょーさんの心に何かしら響いてくれたのなら、とても嬉う感じます。

家族、ブログ仲間、大学の友人、大学院の友人。多くの人に支えられて今の自分があります。
そういうことを考えさせてくれたのも、大学での臨床心理学の学びがきっかけでした。
りょーさんも、是非自分の心理臨床を目指す気持ちと向き合って、自分の想いを叶えてくださいね。
といっても、まだ僕もこんなこといえる立場になくて、これからですが…。
またご訪問お待ちしています☆
2006-10-15 Sun 01:36 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
モモさんへ
こんばんは。
偶然は必然のように感じて、どちらどちらなのか…。
卒論を書いたとき、自分自身が心理学を学んだ
(たまたまその進路に進んだ)という偶然が、やはり必然のような気がして。
ボランティアに行ったり、カウンセリングをしたりするなかで感じます。
最初は偶然でも、いつかは必然として意識されるような気がします。
僕にとっても、これからも考えて生きたいテーマです。
2006-10-15 Sun 01:43 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
グッピーちゃんへ
こんばんは。
苦労というよりも、自分自身が弱かったのかもしれません。
でもそれは自分にとって、必要な一つのプロセスであったような気がします。
グッピーちゃんが言うような試練として必要だったのかもしれない。
その体験があったからこそ、今の自分があると思っています。
下宿の管理人さんご夫婦には、本当に感謝しています。
2006-10-15 Sun 01:47 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
しまさんへ
こんばんは。
確かに、自分が貰ったその恩は、ご夫婦には返せそうにないように感じます。
誰かに違う形で返していく事で、自分自身の恩返しになるのかなと思います。
初任給をもらったらそのお金で、是非飲みに行くか、プレゼントを差し上げたいなと考えています。
今では多くは会いませんが、優しいご夫婦、本当に大切な家族のように感じています。
2006-10-15 Sun 01:50 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
ぐすん・・・。
 こんばんは☆こねこです♪

 私は今、すっごく感動してるし、心から応援していきたいって思ったよ。

 私の出来なかったことを安心して託せる幸せ。
 辛いときに優しくしてもらったけんちゃんの幸せ。

 私の分も、とは言わないけどがんばってほしい。
 けんちゃんの現実が私の夢なの。けんちゃんが一人でも多くの日と役立ちたいと思うのと同じように、私もけんちゃんが役立ったらすごく嬉しいし、泣きたいほど幸せ。

 同級生だから余計に感情移入もするし、同じ志を持つもの同士としても尊敬・応援もするし、何よりもけんちゃんが活躍する日を一番楽しみにしてるのは私!と自負したい気持ちだよ。

 また泣けてきちゃった・・・。
 何もかもお子ちゃまで困っちゃうね。相変わらず泣き虫だし(涙微笑)。
 ねこでした。ニャン☆
2006-10-15 Sun 22:21 | URL | こねこ #-[ 内容変更]
ねこさんへ
温かいメッセージをありがとう。
ねこさんの優しい、温かい気持ちがすごく伝わってきました。

人の役にたちたいと願うようになったのは、
心理学に出会ったお陰、これまで出会った多くの人のお陰でした。
自分だけではそんなふうに思えなかったと思う。

そして、応援してくれる人がいるから、頑張ることができる。
ねこさんの言葉、すごく嬉しかった。
その気持ち、すごく嬉しいよ。

志は高く!お互い頑張っていこうね。
2006-10-15 Sun 23:09 | URL | けんぼー@北国 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 人生をマニアックに生きたい!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。