The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
恩送り
2006-10-14 Sat 01:09
お世話になった人がいます。


大学に入学した頃、心理学なんかに興味をもてなかった。
そんな自分が、人を援助し、人の役に立ちたいと思っている。
全ては、あの人に、お世話になったその恩を返していきたいと感じたから。
その人に直接返すことができなくても、あのときの自分と同じように、
困難のなかにいる人に返していけたら、今はそう思っています。


僕が高校を卒業した5年前、大学受験のために札幌で浪人しました。
初めての札幌での一人暮らし。
その時住んだ家は、3畳半の下宿でした。

壁の向こうからは、音楽を聴く爆音。
朝の目覚ましの音。携帯電話の着信音。
お笑い番組を観る隣人の笑い声。
隣人が僕の部屋の物音に耳をそばだてるときに、肌が壁にかする音。
どこかで壁を殴る音。


そんな環境ではもちろん、勉強などはかどらない。
自分の家なのに、どこにも安心感はなかった。
僕は昼間は予備校に行ってはいたものの、
家で勉強をすることができず、
平日はファストフード店で勉強をする毎日。

週末にススキノで、具合が悪くなるまで飲んで、
路上で寝ているようなことも何度となくありました。


浪人という心理的な切迫感のなかで、
僕は次第に下宿にいられなくなりました。
それは、自分からの逃避だった。
自分の弱さに他ならなかった。


家に帰るのは、夜12時頃。寝るだけのため。
部屋に帰っても、何かに怯えながら、耳栓をして寝ていた。
もはや、自分の居場所はどこにあるのか、全くわからなかった。

そんな居場所のなかった僕に、温かくしてくれた人がいる。
その方は、その時住んでいた下宿の管理人ご夫妻でした。


1階の食堂を夜遅くまで使わせてくれたり、
夜食の差し入れをしてくれたり、
時には日帰り旅行にまで連れて行ってくれました。


僕はただの一下宿人に過ぎません。
そんな心身ともに弱った僕に手を差しのべてくれたご夫婦。
本当に管理人さんご夫妻の優しさが嬉しかった。


結局僕は、受験期までその下宿にいることが出来ませんでした。
12月ごろに実家に戻り、そこで受験勉強を続けました。


今でも札幌に住んでいるご夫妻は、
「親だと思って、いつでもおいで。」
と嬉しい言葉をかけてくれます。


大学で臨床心理学を学ぶことになった僕。
僕は今までこういう人に支えられて生きてきたんだな
と改めて捉え直すことができました。
そして、そんな僕を支えてきてくれた人たちのお陰で、
今の僕があります。


これまで支えてきてくれた人たちにお返しがしたい。
その人に直接返すことが出来なくても、
これから出会うであろう人たちに何かの形でお返しができれば。
そういう思いで、僕は心理臨床家を目指しています。

今日は長々とすみません。読んでくれてありがとうございます。

2006-1014-0201.jpg

今日は自分お疲れ様会ということで、友人からいただいたワインを一人飲んでいます。
スポンサーサイト
別窓 | 内省の部屋 | コメント:14 | トラックバック:0
続…感動について
2006-05-19 Fri 23:59
先日書いた感動についての記事。
みなさんのコメントを読んで考えさせられました

きっと感動を失くしていたのは、僕の忙しさなのかな…と。
感動が薄れたというのは違うんだろうな…



とういうのは、日曜日に一人で円山をブラブラしてきました。
月曜日から土曜日までは、朝から晩まで学校にほとんどいるので、
この日はゆっくりと街を散策してみよう!
そう思ったのです。



日曜に行ってきた円山は、昔ながらの街並みと、
新しく開発されたマンションが入りまじっていて、
昭和と現代が入りまじったような街。
お洒落なカフェや雑貨店などがたくさんあります。


今回は、街をゆったりと歩いて、景観を楽しんだり、
雑貨店に入って見たり、レトロな雰囲気のパン屋さんに入って食べたり、
和菓子屋さんを覗いてみたり…


天候も良く気温も暖かくて、すごく気持ちの良い散策でした。
ここ二ヶ月くらい、
こういった時間の使い方をしていなかったように思います。

円山を歩いているときに気づいたこと。

自分がいつも歩いているスピードの半分くらいの速さで
歩いているということ。
そして、不思議と満たされた感覚があるということです。



僕は自分のなかで感動が薄くなったと思っていました。
昔はもっと突き上げるような感動があった、と。


感動の感じ方というのは歳とともに変わってくる。
感動というのはそういうものなのかもしれません。



満たされた感覚。
充実した時間。



感動というものについて考えてみると、
感動というのは決して特別な感情なのではないのだと思います。

感動というのは、もっと身近なものに対して感じる、
もっとささやかな、小さな喜びに似た感覚なのかなと思います。



皆さんがおっしゃっていたように、
僕のなかで、感動が薄くなったのではなく、
感動を感じる対象が変化したのだということ。
そして、かつての自分の感動の感じ方と、
今の自分の感動の感じ方は違っているということなのだろう。



時間に追われた毎日を送っていては、
感動を感じる暇もないのだということですね。

感動を感じられるようなささやかな時間を大切にしていこう、
そう思う今日この頃です。
別窓 | 内省の部屋 | コメント:24 | トラックバック:0
変わりゆく自分
2006-05-13 Sat 23:59
みなさん、こんばんは。
近ごろ更新が疎かになっています。
学校が始まると急に忙しくなって、
なかなか記事をupできなくてすみません。

今週も一週間が終わりました。
GWあけは、休みボケ…
今週一週間は講義中眠くて仕方がなかったです。


そんな僕が最近日常で考えていること。
年齢と共に「変わりゆく自分」と「変わらない自分」が
あるなーと思います。




自分自身の変化の一つ。
最近感動が薄くなったような気がしています。


先日「もののけ姫」がテレビで放送されていました。

昔はあんなにが好きだった映画ですが、
今では自発的に見ることはほとんどなくなりました。
その理由は忙しさだけではないと思うのです。

僕はどこかに大切なものを置き忘れてきたような…
感動を求めなくなったような気がします。
それに気づいた自分がちょっと悲しい。


さらに最近、クラシックを聴いても昔のような
感動は少なくなってきました。
昔は、自分のなかから大きな力が突き上げてくるような感動が…。
最近は、何を聴いても新鮮味を感じません。
それが残念。



ポジティブな面も!

だいぶ自分自身が落ち着いた!
やっとこれからよい恋愛ができるかなと思っています。
(僕はあまり優しくなかったんです)
これからが楽しみ♪
でもしばらくは、学問優先で彼女は作らない予定!


などなど、「変わりゆく自分」を日々発見。


年齢とともに変わっていく自分
最近自分自身を振り返って、内省しているテーマの一つです。


良い面も残念な面もありますが、
歳を重ねることはいいこと!!
最近それを発見した僕なのでした。
別窓 | 内省の部屋 | コメント:17 | トラックバック:0
| 人生をマニアックに生きたい!! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。